海外ドラマちゃんねる

人気海外ドラマのあらすじやレビュー、コラムなどを紹介しています。※ネタバレ注意

*

プリズン・ブレイク/ Prison Breakシーズン3第2話あらすじ・感想・ネタバレ注意

      2016/10/19

pb3-2-1

第2話 第三の男

 

SONAではマイケルが、ウィストラーという名の囚人を探します。

彼はベリックと、前回エピソードの戦闘時に、ベリックがマイケルのポケットに入れた

メモについて話をします。

マイケルは下水道に行き、ウィストラーと接触を図るのです。

ウィストラーは漁師で、酒場でパナマ市の市長の息子を殺してしまった罪で、

投獄されているのでした。

彼が下水道に隠れている理由は、彼の首にかけられた賞金首を

囚人たちが狙っているからでした。

その頃、ルチェロの部下がSONAの貯水タンクを倒してしまい、水が無くなります。
Sponsored Link


リンカーンは、スーザンBという女性と出会います。

彼女はリンカーンに、毎日脱獄の進展を聞かせるように言うのです。

スーザンによると、政治的な注目をウィストラーが集めているので、

組織は単純に誰かを賄賂で買ったり、ウィストラーを自由の身にすることは

できないそうです。

だから脱獄実績があるマイケルを利用しているのでした。

その後、リンカーンはマイケルの元を訪れ、ウィストラーのメモを渡します。

パナマ市では、スクレが銃を購入しています。

そしてSONAに向かい、ベリックと面会をするのです。

スクレはマリクルーズの居場所を教えないと、ベリックを銃で撃つと脅すのでした。

ベリックはマリクルーズを、誘拐などしていないことを告白するのです。

彼はただ、マリクルーズを誘拐しているように見せかけていただけでした。

スクレはシカゴに戻ろうとします。

その時に、偶然リンカーンと鉢合わせするのでした。

リンカーンはスクレに、マリクルーズを無実のままにしておくなら、

彼女とは関わらない方がいいとアドバイスします。

スクレはマリクルーズに電話をして、シカゴには戻らないというのです。

彼女の人生に関わると、彼女にトラブルを抱えさせてしまうからです。

2人は涙ながらに愛の言葉を交わし、そして別れの言葉も口にするのです。

ベリックは食料、水、そして衣服を手にすることができません。

マイケルが下水道から戻ると、ベリックはウィストラーと話をした理由を

しつこく尋ねます。

マホーンもまた、マイケルが何をやっているのか気になっています。

そして囚人から、ウィストラーと賞金について聞くのです。

ルチェロと市長の家族の間には取引があり、ウィストラーを殺した者は誰であろうと

釈放されるということでした。

マホーンはウィストラーを発見します。

その頃ベリックは、T-バッグを通じてルチェロと話をします。

ベリックは、食料と衣服と引き換えに、ウィストラーの情報について渡すというのです。

マホーンはウィストラーを地上に連れてきます。

マイケルはベリックが服を着て食料を持っているのを見ます。

そして、すぐに何が起こったのか理解するのです。

pb3-2-2 

リンカーンは、ルチェロのメモが銀行の暗証番号になっていることに気付きます。

銀行で彼は、ルチェロの彼女ソフィアを見かけます。

リンカーンはソフィアと話をして、彼女が金庫から取り出した鳥類図鑑を手にします。

そして彼女に、ウィストラーに伝えるメッセージを渡すのです。

この様子を組織は見ています。

リンカーンはスーザンBと会います。

彼女はリンカーンに、本を渡すように要求します。

リンカーンは偽の本を渡したのでした。

マイケルはルチェロと取引をしようとしますが、T-バッグのせいでルチェロは

マイケルを信用しません。

喉が渇いた囚人たちが、ルチェロに反乱を起こそうとします。

またマホーンも、ウィストラーを殺そうとします。

その時にマイケルが、SONAに水をもたらすことに成功するのです。

これによりルチェロは、囚人の誰にもウィストラーに危害を加えることを禁止させるのです。

ウィストラーはマイケルに感謝をして、脱獄について尋ねます。

マイケルはどうやって脱獄すればいいのか、わからないというのでした。

 

感想

 

なんとかウィストラーを守り切りましたね。

しかしさすがのマイケルでも、まだ脱獄の計画については何も考えがないみたいですね。

早くマホーンと手を組んでほしいですね。

絶対最強のコンビになると思います。

次回もどうなるのか見逃せません。

 

※関連記事

プリズン・ブレイク シーズン3第3話あらすじ・感想・ネタバレ注意

 

 - プリズンブレイク(PB), PB-シーズン3 , , , , , ,