海外ドラマちゃんねる

人気海外ドラマのあらすじやレビュー、コラムなどを紹介しています。※ネタバレ注意

*

【ゲームオブスローンズ】シーズン1 第7話 あらすじ・感想・ネタバレ注意

      2016/11/06

gs1-7-1

第7話 勝つか死ぬか

 

ラニスターの陣

タイウィン・ラニスター公は、バラセオン家のシンボルである牡鹿の皮をはぎながら、

息子ジェイミーと話をしています。

タイウィンは、ジェイミーがスターク家と争いを起こしたのを責めますが、

ラニスター家が、七王国の新たな統治者になる完璧な機会だと信じるのでした。

タイウィンはキャトリン妃の清家で、タリー家の本拠であるリヴァーランを攻めるために、

軍の半分をジェイミーに渡します。

それは、キャリントンがティリオンを逮捕した仕打ちでした。
Sponsored Link

ウィンターフェル

捕らわれた野人の女オシャは、スターク家の新たな召使となります。

シオンがもし、彼の故郷である鉄諸島で逮捕されていたら、もっとひどい仕打ちを

されていたとからかいます。

シオンがオシャに、性的な行為をさせようとしているところをルーウィンが目撃。

彼はシオンを追い払います。

ルーウィンはオシャに、野人が壁の南に来ているのかと理由を尋ねます。

彼女は野人はWhite Walkersから逃げていると明かします。

White Walkersは、数千年の眠りから目覚め、七王国のすべての軍は北に向かって、

脅威に立ち向かわなければいけないと言うのでした。

 

ベンジェンの馬が壁の北から戻ります。

しかしベンジェンの姿はなく、甥のジョン・スノウは彼を心配します。

後に、ジョン・スノウは叔父のような哨士ではなく、総帥の雑士に任命され、

怒りと落胆を感じるのでした。

ジョンはサー・アリザー・ソーンが関わっているのではないかと疑います。

しかしサムはこの任命は、将来指揮官として活躍することが

見込まれているからだと信じます。

心の木の傍で、ジョンとサムが誓いを立てていると、ジョンのダイアウルフが、

人間の手を持ってきます。

 

狭い海

デナーリスは、カール・ドラコに故郷を取り返して、王座を取り戻すように説得をしようと

試みますが、彼は興味を示しません。

デナーリスの一行が市場を見回っている時、ジョラーはヴァリスの部下から、

七王国に戻る許しを得ます。

ジョラーはこれは、デナーリスの暗殺が正式に行われるということだと気づき、

毒を盛ろうとしたワイン売りから、デナーリスを救うのでした。

妻の命が狙われていることを知ったドラコは怒り、狭い海を渡って、

七王国を侵略することを誓います。

そして生まれてくる息子のために、鉄の王座を取り戻すというのでした。

gs1-7-2 

キングズランディング

エダードはサーセイ王妃と話しています。

彼はジェフェリー王子と、彼の兄弟は、ロバート王の子供ではないことを

知っていると言います。

そして彼らの父親は、サーセイ王妃の兄弟ジェイミーだということも

知っているというのです。

サーセイは、昔のターガロン家の慣習でも、近親相姦があったと言い、

ジェイミーとの関係を弁護します。

そして彼女はロバートを愛そうとしましたが、ロバートは死んだ妹のリアナを

まだ愛していて、サーセイを愛さなかったと言います。

エダードは慈悲をかけて、彼がロバートに真実を伝える前に、

子供たちと首都を離れるように言います。

レンリー・バラシオンが狩りの旅から突如戻り、エダードにロバートが猪に深刻な傷を

負わされたことを伝えます。

死にかけているロバートは、エダードに、ジェフェリー王子が成人するまで、

摂政と王氏の守護者になるように言います。

エダードは遺言を書くが、ジェフェリーではなく正統な後継者として書きます。

これで世継ぎは曖昧になる。

ロバートは遺言を読まずにサインをし、エダードにジェフェリーをいい人間にするように

頼むのでした。

またロバートは、デナーリスの暗殺を企てたのは間違いだったと認め、

彼女を生かしておくようにと、エダードに伝えます。

サーセイ王妃とラニスター家が、この機会を利用することを恐れたレンリーは、

エダードに軍隊を集めて、自分が王になるべきだと説得しようとします。

しかしエダードは拒否。

エダードは、王位の座が正しい人物に後継されるのを求めます。

エダートは、ロバートとレンリーのスタニス・バラシオンこそが、正統な後継者だと考え、

彼に事情を描いた手紙を送るのでした。

ロバートが死ぬ前に、レンリーは首都から逃げ出します。

ジェフェリーはすぐに戴冠式を行うように命令し、エダードたちは玉座の間に入り、

ロバートの遺言を読みあげるように味方に告げます。

サーセイは遺言に従うことを拒否し、遺言を破きます。

エダードは、サーセイとジェフェリーを逮捕するように命じます。

両サイドが戦いに備える中、王都の守人がエダードの部下たちを殺し、

リトルフィンガーは、エダードの喉元にナイフを突きつけます。

リトルフィンガーは、「俺を信じるなといっただろ。

そのアドバイスに耳を傾けておくべきだったな」と言うのでした。

 

感想

 

大波乱の展開ですね。

エダードが大ピンチ。

誰も仲間がいません。

このまま殺されてしまうのでしょうか。

そしてついにデナーリスたちが戦いに参戦してきますね。

ドラゴンもいつ生まれるのでしょうか。

次回も見逃せない展開が続きそうです。

 

※関連記事

【ゲームオブスローンズ】シーズン1 第8話 あらすじ・感想・ネタバレ注意

 

 - ゲームオブスローンズ(GOT), GOT-シーズン1 , , , , ,