海外ドラマちゃんねる

人気海外ドラマのあらすじやレビュー、コラムなどを紹介しています。※ネタバレ注意

*

プリズン・ブレイク/ Prison Break シーズン1第13話あらすじ(ネタバレ注意)

      2016/09/30

pb1-13-1

第13話 決行!

 

アブルッチはT-バッグに喉を切られた後、病院へ運ばれます。

リンカーンは看守に暴力を働いたため、隔離房へと監禁されています。

5人の残っている囚人たちは、何が起こるのかを話し合います。

マイケルは処刑が行われる32時間後までに、リンカーンを隔離房から抜け出させる方法を

思いつくまで脱獄計画を延期したいのです。

しかし他の4人の囚人たちは、できるだけ早く脱獄計画を実行したいのでした。

マイケルは、今夜脱獄が起きることを確信するのでした。

Sponsored Link


刑務所内の教会で祈りを捧げたマイケルは、牧師にブレスレットを

リンカーンに渡してくれと頼みます。

牧師は彼の願いを聞き入れ、リンカーンにブレスレットを渡すのです。

リンカーンはブレスレットに細工が施されているのに気づき、ブレスレットを壊します。

そして彼は黒い粒と小さなメモを発見するのです。

メモには「8時10分に食べろ」と書かれていました。

マイケルは、リンカーンを診療所に送るために黒い錠剤を送ったのです。

リンカーンはマイケルの指示通りに黒い錠剤をのみます。

脱獄決行まで50分前です。

すると彼は突然腹を抱えて地面に倒れるのです。

看守がすぐにリンカーンを診療室へ運びます。

サラは、リンカーンは食中毒に当たったのだというのです。

ハーレがベロニカの元に訪れます。

彼はリンカーンが、副大統領の兄弟を殺してはいないと言い、

さらに真犯人もいないというのです。

ハーレは、副大統領の兄弟であるステッドマンは生きているというのです。

そして、事件に関わった人物たちの名前が載っているリストを渡します。

するとケラーマンが彼らの元へやってきます。

ベロニカは、ハーレの指示のもと隠れています。

リストに自身の名前が載っていることを知ったケラーマンは、ハーレを殺害するのでした。

5名の囚人たちは、診療所の鉄格子まで向かいます。

しかし彼らは、以前に壊した鉄格子が修理されていることに気付きます。

チームはマイケルと、新たに設置されている鉄格子を見つめます。

鉄格子を壊そうともがきますが、どうしようもありません。

落胆しているマイケルは「ここから出ることができない」というのです。

エピソードは、T-バッグがナイフを取り出し、マイケルに向かって

「残念だがかわいい子ちゃんよ、出られない選択肢はないんだよ」と

脅すシーンで終わります。

 pb1-13-2

感想

 

やっと脱獄を決行したかと思えば、絶体絶命の危機ですね。

まさか出られないなんて。

ついていないにもほどがあります。

しかも、何とかしないとT-バッグに痛い目にあわされますからね。

絶体絶命の危機に陥ったマイケルです。

彼は一体どうやってこの窮地を突破するのでしょうか。

本当に何とかしないとヤバイですよ。

数時間後にはリンカーンの処刑も行われます。

そしてベロニカが大きな進展を果たしましたし、事件の真相にも近づきました。

ステッドマンは殺されていなかったのですね。

彼は生きていたのです。

このことが公になれば、リンカーンは合法的に助かります。

もしかしたらベロニカのお陰で、リンカーンの死刑執行が延期になる可能性もありますよね。

やはりそう簡単には脱獄できませんよね。

せっかくここまで苦労しながらやってきたのに…可哀想なマイケル。

やはり本当に脱獄計画は失敗したのでしょうか?

そうなるとマイケルがしなければいけないことは、リンカーンの死刑執行を

遅らせることだけですよね。

案外ここでサラに頼るのかもしれません。

彼女の父親は州知事だから、死刑執行を延期できるだけの権力は持っているはずです。

これだけが唯一の希望といったところでしょうか?

それとも天才マイケルは、他の手段を思いつくのか。

次回どうなるのか、見逃せません。

 

※関連記事

プリズン・ブレイク シーズン1第14話あらすじ(ネタバレ注意)

 

 - プリズンブレイク(PB), PB-シーズン1 , , , , , ,