海外ドラマちゃんねる

人気海外ドラマのあらすじやレビュー、コラムなどを紹介しています。※ネタバレ注意

*

プリズン・ブレイク/ Prison Break シーズン1第16話あらすじ(ネタバレ注意)

   

pb1-16-1

第16話 フォックスリバーへの道

 

エピソードは、リンカーンとマイケルの現在とは違う、

ピリピリとした関係性のシーンから始まります。

そしてマイケルは、兄であるリンカーンに厳しい態度を示します。

マイケルが去った後、リンカーンはある会社のエージェントと、

昔のアパートメントで会います。

彼はステッドマンを殺したら、リンカーンが抱える多額の借金を払ってやるというのです。

しかしリンカーンは、ステッドマンが副大統領の兄弟だということを

知らされていませんでした。

数時間後に駐車場で、リンカーンは銃の引き金を引く前に、

罠にハメられたことに気付くのでした。

駐車場からリンカーンが走り去るところを、ケラーマンたちが防犯カメラで見ています。

その後ケラーマンは、技術者の後ろに立っています。

技術者はリンカーンが、ステッドマンを殺したように映像を作り上げているのでした。

リンカーンの逮捕後、マイケルは兄の振る舞いについて失望を表します。

しかしリンカーンは、絶対にステッドマンを殺していないと言い張るのです。

マイケルはリンカーンに、誰もがリンカーンがステッドマンを殺した動機があると

信じているというのでした。

リンカーンは、ある会社の倉庫をクビになったのです。

その倉庫とは、ステッドマンの会社が所有しているものでした。

つまりリンカーンとステッドマンは、雇われの人間と雇い主の関係だったのです。

Sponsored Link


ベロニカがマイケルの元へやってきて、マイケルがリンカーンのことを誤解していること、

リンカーンはマイケルが思っているような人間じゃないと言います。

彼女は、リンカーンの多額の借金は、マイケルに与えるためのものだったと明かします。

リンカーンは借金について、マイケルには嘘をついていました。

リンカーンは、お金は母親の保険金だと言って、マイケルに渡したのです。

有罪と死刑判決がされた後、リンカーンは死刑執行の日まで、

ずっとフォックスリバー刑務所で生活を送るよう余儀なくされます。

罪悪感に駆られたマイケルは、フォックスリバーから兄を救出する計画を立てます。

フォックスリバーの設計図を思い出し、タトゥーとして体に刻み込むのです。

ステッドマンが殺された日の夜、スクレはマリクルーズと出会い、彼女に恋をするのです。

彼女に結婚を申し込むことを決めたスクレは、婚約指輪を手に入れる方法を考えます。

酒屋で2度目の強盗をしている時に、彼は捕まってしまいます。

そして、フォックスリバーへと送られるのでした。

スクレは、従妹ヘクターの罠にかかったのです。

T-バッグは、彼女のスーザンと2人の子供とディナーをとります。

彼が子供たちに算数を教えていると、スーザンが、T-バッグはアメリカで

最も危険な犯罪者の一人だということに気付きます。

彼女が通報したので、T-バッグはフォックスリバーへ送られました。

面会に来たスーザンに、T-バッグは本当に恋をしていて、変わろうとしていたと伝えます。

C-ノートは、他の兵士が囚人を虐待していることを報告したため、

司令官により、軍隊を除隊されます。

司令官は、C-ノートがブラックマーケットで取引を行っているという理由で、

彼を解雇にするのです。

家に帰宅しても、C-ノートは雇用先を見つけることができませんでした。

彼は義理の兄弟が勧める仕事に、イヤイヤながらも取りかかります。

その仕事は、法に触れるものだったのです。

彼はトラックに、違法の物資を積んで運転していたところ、逮捕されてしまいます。

判決を待っている間、C-ノートは妻に、海外へ行くことになったと再び嘘をつきます。

彼は義理の兄弟に、妻と娘の世話を良くするように、そして彼女らに、

真実を話さないように伝えます。

サラは、モルヒネを自分に打っています。

仕事後、彼女は近所を彼氏と歩いています。

すると突然彼氏が、車に轢かれてしまうのです。

他の目撃者が、サラが病院勤めだと気づいた時、サラに彼を助けるように言いますが、

彼女はドラッグを使用していたので、正常な判断ができません。

この事件が彼女に付きまとっています。

18か月後、元薬物中毒者に、サラはリハビリに最適なのは

仕事に復帰することだと伝えるのです。

ミーティングの後、ベリックが気まずそうに、フォックスリバーには

仕事があることをサラに伝えます。

pb1-16-2
リンカーンが駐車場から走り去ると、ケラーマンたちはその様子を撮影しています。

その後ケラーマンは、技術者にリンカーンが銃を撃ったように映像を加工させるのです。

ケラーマンと副大統領は、モンタナにある豪華なマンションの購入について

話し合っています。

副大統領は、ケラーマンに兄弟の失態を綺麗にしてくれているから、

兄弟の違算金を使うように言います。

レイノルド副大統領は、このマンションは彼女自身と「他の誰か」のために

買ったのだというのです。

この「人物」はこう言います。

「親愛なる妹よ、私が苦しんでいるのがどんなものか知らないだろう」と。

「この人物」は、偽の歯を手に入れています。

男はステッドマンでした。

エピソードは、マイケルが強盗で使うための銃に、手を伸ばしているシーンで終わります。

  

感想

 

中々おもしろいエピソードでしたね。

それぞれのキャラクターの過去が描かれたものでした。

最初はリンカーンのことを、とんでもないヤツだと思っていましたが、

弟のために多額の借金を抱えるなんて、実はかなりいい兄貴だったのですね。

なかなかできることじゃないですね。

そしてステッドマンが生きていることが判明しましたね。

物語はこれからどうなっていくのでしょうか。

次回も見逃せません。

 

※関連記事

プリズン・ブレイク シーズン1第17話あらすじ(ネタバレ注意)

 

 - プリズンブレイク(PB), PB-シーズン1 , , , , , ,